仏  話

速成寺法話集
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 今日彼岸、菩提の種をまく日かな | main | 監獄から出るということ >>

合掌のこころ

人間という生物は、

そんなに上等じゃない

理想と現実のはざまに揺れて

ご都合主義で、

自分が受け入れられないものは

排除しようとして

あるならあるで、煩って

無いならないで、欲しがって

こころは落ち着くことをしらない


人間のほんとの幸せってなんだろう?

不幸になる人の特徴は

悪いことがあれば、誰かのせい

善いことがあれば、自分の手柄

あなたと私が、背中を向けて

決して合掌することがない

やがて、死に往く定めの人として

本当に大事なものはなんだろう?

それは失ってから、

気付くことが多い

吠え掛かるイヌは、

手を広げて近寄れば

近寄るほどに牙をむく

獣のような人の心は、

自分で自分の心を

覆ってしまって

人のあたたかさに

気づくことができないのです

べつにありがたい教えなんか

なくても人は生きていける

でも、誰かの助けなしに

1日たりとも生きていけない

誰もが持っている

素直な感謝の気持ち

アリガトウと思えたら

こころにポッと灯がともる

あなたとわたし、合わせて一つ

合掌して人は殴れない

合掌
仏教 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2018/05/08 9:19 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://manjizo.jugem.jp/trackback/8
この記事に対するトラックバック