仏  話

速成寺法話集
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 盂蘭盆会 | main | 四苦八苦 >>

彼岸会

春と秋、年に二回
 
昼の長さと、夜の長さが等しくなる日



その日を「お彼岸(オヒガン)」

といいます。


「日に願う」から彼岸(ヒガン)だとか、

いう説もあるそうですが、


そもそも「彼岸」という言葉は


迷いのこの世(此岸)に対して

迷いのない、悟りの向こう岸(彼岸)


という意味でございまして

彼岸の中日の前後三日間を、


「彼岸会(ひがんえ)」
と呼び

私たちが菩薩の備える

6つの知恵
を実践し、

苦しみの多い世界(此岸)から

悟りの向こう岸(彼岸)に渡ろう

という日なのです。


この彼岸会の6種の修行を


「六波羅蜜(ロクハラミツ)」

※六波羅蜜の波羅蜜(ハラミツ)とは、
インドの古語「パラミータ」の音訳で、
「智慧」を意味します。
般若心境のなかにある「般若波羅蜜多(はんにゃはらみた)」
の「波羅蜜多(はらみた)」と同意です。

といいます。

一、布  施  
 (与えて施すこと)

二、持  戒

 (戒律を守ること)

三、忍  辱

 (耐え忍ぶこと)

四、精  進 
 
 (正しい努力すること)

五、禅  定

 (乱れる心を眺め、落ち着くこと)

六、智  慧

  (智に通じすべてを成就する)

「今日彼岸、菩提の種をまく日かな」

このお彼岸の日に、仏の智慧を実践し

明日に咲く、ヨロコビの種を


福田にまきたいものです。


合 掌
仏教 | permalink | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -