仏  話

速成寺法話集
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 不殺生 | main | 盂蘭盆会 >>

十王経〜死んでから49日(満中陰)までの話

手元に、古い珍本があります。

十王教という死後の旅路の物語。

いわゆる三途の川や

閻魔大王が出てくるお話です。

この世とあの世の境目を中陰といいます。

人間は、死後49日

もしくは満中陰までの間

この中陰を旅することになります。

中有(中陰)の道中には、

言葉にすることさえ恐ろしい

怒りの姿を顕した、十名の王がおります。


薄暗い中有(中陰)の道中で

死者を導くために恐ろしい怒りの姿を

もってあらわるのです。

そして、死者が生前に行った善悪や

罪の報いの重さをはかり

次の生まれる場所をお定めになります。

仏の救いは様々で、

なにが勝れ、なにが劣っている、

というわけではありませんが 、

この十王の教えは、ことに神妙です。

死後、これほどまでに自分の罪が

問い正され、明らかにされ

これほどまでに容赦なく

責め立てられるのであれば

どのような人でも、おのれの罪業を恐れ、

因果の恐ろしさを知ることとなるでしょう。

そして、このような恐れ敬う気持ちが

あればこそ、はじめて流転生死からの

解脱の方法が見えてくるのです。



其の一 はじめに

其の二 死後の最初の一週間の事 
初七日 死出の山にたどり着くまで
 

其の三 死後の次の二週間目の事 
2七日 三途川の事〜その1
 

其の四 死後の次の二週間目の事
2七日 三途川の事〜その2
 

其の五 死後の次の三週間目の事
3七日 業関の苦役の事
 

其の六 死後の次の四週間目の事
4七日 業河での大苦悩


其の七 死後の次の五週間目の事
5七日 閻魔大王と浄玻璃鏡、三十五日


其の八 死後の次の六週間目の事
6七日 弥勒の三叉路


其の九 死後の最後の七週間目の事
7七日 中陰の満ちるとき、満中陰




仏教 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/04/25 9:49 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2016/11/06 7:25 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://manjizo.jugem.jp/trackback/31
この記事に対するトラックバック